これなら夜中に食べても大丈夫!おすすめの夜食まとめ

「夜食」…なんて良い響きなのでしょうか。夜に食べると太るというのはもちろんわかっているけど、それでも夜食はやめられない!という方も少なくないはず。この記事では夜中に食べても大丈夫なおすすめの夜食についてまとめました。

そもそもなぜ夜中に食べると太る?

まず、夜は昼に比べて代謝が抑制されます。体にはサイクルがあり、体にとって夜は「休む」時間であるため、「食べる」ための準備ができていないのです。そのため、栄養が効率よく吸収できず脂肪となってしまうのです。

夜食は体に負担をかけるため、その後の睡眠にも影響を及ぼします。とはいえ、お腹が減ってどうしようもないときもありますよね。そんなときは、体に優しいものを食べるのがおすすめです。

暖かく、水分の多いものを食べよう

夜中の食事は暖かいものがおすすめです。なぜなら、冷たい食事は胃に負担をかけるため、胃の働きを低下させてしまうからです。また、水分の多いものは満腹感を感じやすく、少量でも満足することができます。

具体的には味噌汁や豆腐を使ったお茶漬けなどがおすすめです。味噌汁の具はきのこ類やわかめなどの海藻類がカロリーも低く、満足感もあります。どうしても炭水化物を食べたいときはおかゆがいいでしょう。

甘いものが食べたい…そんなときは

夜中だけど甘いものが食べたい、そんなときは食べるものに気を付ければ大丈夫です。ヨーグルトは甘さもありおすすめ。また、ホットヨーグルトにすると胃の負担を減らすことができます。

固形物が食べたいときはおからクッキーがいいでしょう。おからを使っているためほかのクッキーよりもカロリーが低く、満足感があります。また料理する手間もいらず、保存がきくのも便利です。

太りにくくする夜食の食べ方とは?

いくつかのポイントを気を付けることで、普通に夜食を食べるよりも太りにくくすることができます。まずは、よく噛んでゆっくり食事するのが大切です。満腹感を感じられ、少量でも満足できるはずです。

また、寝る2~3時間前には食事をすませておくのもおすすめです。消化の時間を作ることにより、ぐっすり眠ることができます。それにより、体への負担も減らすことができます。

まとめ

夜食を食べるときは、消化の良いカロリーの低いものがおすすめです。罪悪感を持って食事をするとストレスも溜まりますので、体に優しい満足感のある食べ物をうまく取り入れましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です