最近話題の足パカ体操の効果を出す秘密

下半身が痩せると言われている脚パカ体操、いろんな方法で無理だったという人でも短期間で結果が出ると話題です。短期間で結果を出す人は、何に気をつけているのでしょうか?今回はそんな効果を出す人の秘密を解説します。

脚パカ体操の効果がある理由

脚パカ体操とは、床に寝転がり脚を垂直に上げ、柔軟体操のように限界まで開く閉じるを繰り返す横パカと脚を歩くように上下に上げ下げする縦パカの2種類があります。筋肉を鍛えるには、筋肉を縮ませる伸ばす運動を繰り返し、疲労という負荷を加えます。

通常はその過程で重しを使う、単純な動作を長時間行うことで鍛えます。脚パカの場合は脚についている脂肪を持ち上げる動作によって鍛えます。そのため、筋肉に重しを持たなくても、ダンベルを持つ並の負荷を脚全体筋肉に与えること可能だからです。

脚パカで痩せることが期待できる部位

縦パカで痩せることができる部位は、ズバリ太ももです。太ももは特に痩せにくい部位で、ランニングやってもなかなか落ちない部位ですが、脚全体の重量が太ももの付け根にかかるため、セルライト含めて脂肪燃焼効果が期待できます。

横パカで痩せることができる部位は、ふくらはぎと下腹です。横パカによって脚の先まで伸ばした状態で動かすためふくらはぎと、横に脚を動かす際に下腹部のインナーマッスルを中心に使います。そのため、縦パカと横パカを行うと下半身が一気に痩せるのです。

脚パカできついは脚に不必要な脂肪がついている証拠

脚パカを習慣にするには、運動を行う際の負荷がかなりきついため諦めてしまう人がほとんどです。きつい運動を習慣づけるには、脚パカできついと感じるうちは脚に不必要な筋肉がついていると考える思考回路への切り替えが大切です。

下半身が太っている場合は、筋肉よりも脂肪が多くついている状態になります。普段立っている場合、脚の重量を感じることはありません。しかし、脚が重いだるいと10回未満でやめてしまう場合は、それだけ少ない筋肉に対して脂肪がついていることになります。

脚パカの効果を上げるコツ

同じ脚パカをやっても痩せる方法として、大切なのはマッサージを行うとより早く効果を上げることができます。リンパの流れを良くするリンパマッサージをした後にやるのがポイントです。

お風呂上がりに行うのも効果を上げるコツです。脚の筋が熱によって伸びやすい状態となり、脚が動かしやすくなるため、痩せやすくなります。脚パカで脚が伸ばしにくいと感じているなら、入浴後がおすすめです。

まとめ

足全体に負荷がかかる脚パカですが、負荷がきついからこそ無駄な脂肪がついていると考える切り替えが成功のコツです。下半身太りを全て解消する脚パカの効果をよりあげるには、マッサージや入浴後にやると効果が出やすいので続けやすくなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です